賃貸物件に関するヨモヤマ話

換気扇や窓の通気について

入居する日が決まっていない場合でもそれほどあせる必要はありません。
とりあえずこの物件に住みたいと思えるような物件を探すことから始めましょう。
賃貸住宅の物件を見る時には、緊張していてあまり多くの事柄をチェックできていなかったということもあるかもしれません。
しかし、それでは契約した後に、不便な点に気づくということになってしまいます。
損をしてしまったという気持ちにならないためにも、契約前にしっかりと見極めるようにしてみて下さい。
例えば、チェックポイントでささいなことに思える事柄もきちんとチェックしておくことが大切です。
お風呂場にきちんと換気扇が備えられているかという点は意外に大切なのです。
また、お風呂の換気扇の他に、お風呂場に窓があるかということも大切なポイントになってきます。
窓があれば通気できるので、お風呂場の湿気やそれに伴って生じるカビを事前に防止できるというわけです。
もしも換気扇もまた窓さえも付いていないようなお風呂場であれば、先のことを予想して辞めておくか、または大家にお願いして換気扇だけでも取り付けてもらえないかという交渉をしてみると良いでしょう。
大家は、換気扇の必要性について指摘されてどのように応じるかというのはその人によって反応が異なることでしょう。
もしも快く応じてくれて、しかもこちらの負担ではなく大家負担で取り付けてくれるとしたら、気前の良い大家だといえます。
すべての場合がそうではありません。
Copyright (C)2017賃貸物件に関するヨモヤマ話.All rights reserved.