賃貸物件に関するヨモヤマ話

騒音を未然に回避するために

今住んでいる家に関して、いろいろな不満があるという場合は、潔く引っ越すことにしたという人もおられます。
今までの家で不満が多かった点については、次に見つける賃貸住宅で同じような問題がないかどうか用心深くなることでしょう。
例えば、今まで住んでいた家の隣がうるさいという問題が度々あったかもしれません。
そういった場合には、次に探す家に関しても隣の人のことが気になっても仕方のないことです。
もしもトラブルを未然に回避したいようであれば、その新しく契約しようと思っている家の構造であったり、また設計についてより詳しく知るようにすることが大切なのです。
どういうことかといいますと、お隣の壁とはどのようなつながりがあるのかということです。
お隣と隣り合わせになっている部分がクローゼットになっていたりすれば、構造上ある程度音のクッションになって、話し声や物音などが筒抜け状態になるといった事柄は防ぐことができるでしょう。
最初からお隣の家とこちらの家の壁がクローゼットで向かい合っているといった状況であれば最善の設計だといえます。
お隣に家に上げてもらうことはできないとしても、不動産会社のスタッフに質問したりして、隣の家の構造について知るようにしてみてはいかがでしょうか。
もちろん、詮索するような雰囲気で調べるのではなく、騒音のことに敏感になっているのでといった一言を添えて情報を集めるようにしましょう。
騒音のない家を見つけて下さい。
Copyright (C)2017賃貸物件に関するヨモヤマ話.All rights reserved.